色素沈着が残るにきび痕

ニキビ跡をケアするには、まずニキビ跡のことを知らなければなりませんよね。
ニキビ跡の種類にどんなものがあるのでしょうか。

ニキビ跡というのは大きく分けてみて3つに分かれると思います。
・赤みが残るタイプのニキビ跡
・色素沈着が残ってしまうニキビ跡
・ニキビが凸凹して残ってしまうニキビ跡
以上のような3つのタイプに分かれます。どのタイプに属するかによって対策方法が違ってきます。

ここでは色素沈着が残るニキビ跡について見ていきます。

ニキビ跡の色素沈着というのはメラニン色素が肌の表皮に沈着して起こるシミみたいなものです。

色素沈着というのは徐々に薄くなっていくようになっているのですが、なぜ沈着してしまった色素が薄くなっていくのかというと、表皮に沈着してしまったメラニン色素が肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって色素が肌の外側に押し出されてしまう為です。
ただし、この薄くなるという現象はメラニン色素が表皮に沈着している時にのみ当てはまることで、真皮にメラニン色素が入ってしまうと自然の力では治すことが出来ないということになります。

対策方法としては、ケミカルピーリングが効果的であると考えられます。このケミカルピーリングという方法はターンオーバーを促進することが出来る方法といえ、メラニン色素が沈着してしまうというメラノサイトという物質の活動を抑えてくれる効果も同時に得ることが出来ます。


音痴の矯正!私の音痴を克服した方法
タグ:色素沈着
posted by ニキビ跡のケア at 19:00 | ニキビ跡の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤みが残るにきび痕

ニキビ跡をケアするには、まずニキビ跡のことを知らなければなりませんよね。
ニキビ跡の種類にどんなものがあるのでしょうか。

ニキビ跡というのは大きく分けてみて3つに分かれると思います。
・赤みが残るタイプのニキビ跡
・色素沈着が残ってしまうニキビ跡
・ニキビが凸凹して残ってしまうニキビ跡
以上のような3つのタイプに分かれます。どのタイプに属するかによって対策方法が違ってきます。

ここでは赤みが残るニキビ跡について見ていきます。

ニキビの痕が赤く残るということは、炎症が肌の内部に残ってしまっているために起こっている赤みになります。この炎症というのは時間をかけることにより沈静してくれますので結果的には消えるものだと思います。

では、どれだけの時間が経つと赤みが消えるのでしょうか?それは個人の体質、肌質によって違いますので一概に言えませんが、早い人で数日〜数週間、遅い人では最悪数年間経ってしまう場合もあります。

対策法ですが、赤みがあるニキビ跡は炎症が原因となっていますので、ニキビ跡に効果がある成分が配合されているスキンケア化粧品を使うことが効果的なのではないかといわれています。たとえばビタミンC誘導体やフラーレンなどの抗酸化成分が入っていれば炎症を沈静させてくれるのではないでしょうか。

また、赤みが残ってしまった場合には外を歩くときなど紫外線に注意するようにしなければなりません。紫外線というのは炎症を促進させてしまう効果がありますので、治りが遅くなってしまいます。また紫外線を浴びすぎてしまうと、炎症が悪化し色素沈着してしまう可能性もありますので是非注意したいところだと思います。


アロマテラピーを自宅で習得するコツ!
posted by ニキビ跡のケア at 11:00 | ニキビ跡の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何で痕ができちゃうの?

ニキビ跡の原因って何なんでしょうね。
「何で痕ができちゃうの?」って、思ったことありませんか?
ここでは、ニキビ跡の原因について見ていきます。

ニキビ跡というのは、ニキビの炎症を悪化させてしまって治る過程において、シミのように赤く残ってしまったり、肌表面が凸凹してクレーター状になってしまったりする状態の事を指します。

ニキビの痕というのは悪化させることにより出来てしまうので、そうならないためには、ニキビを悪化させないようにすること、もっといいのはニキビが出来ないようにすることが大切であると思います。

ただ、出来てしまったニキビの痕を完治させるというのは本当に難しくて、一生消えないで残ってしまう場合も大いに有り得るのです。
ですから、そうならないように予防することが大事になるのですが、ニキビの痕が出来る原因というのをまずは知っておきましょう。

ニキビの痕が出来てしまう原因としては、大人のニキビを放っておいて何も治療しなかった場合や、ニキビを無理に潰してしまった場合とか、寝具などニキビに触れるようなものが清潔ではない場合などといったような事が挙げられます。またこれは元々の肌質によりますが肌が乾燥肌の人の場合は、比較的ニキビの痕が残りやすいと言われています。

ニキビというのは、毛穴の中にあるニキビ菌とか皮脂が溜まってしまうことで活発化してしまい、炎症を起こしてしまう状態のことですもともとニキビ自体が炎症なのですから、それを悪化させると痕が残ってしまうということになります。

こういった原因をよく把握した上で、ニキビが出来てしまったら予防していくようにすることが大切です。
posted by ニキビ跡のケア at 16:37 | ニキビ跡の原因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康な肌とニキビ跡

ニキビ跡などの肌トラブルは、健康な肌の大敵です。
ここではスキンケアと肌トラブルについて見ていきます。

ニキビの痕など顔に残ってしまったり、吹き出物やニキビが出来てしまったりなど、肌トラブルに関しては本当に悩みの種だと思います。

健康な肌を持っていれば肌トラブルになる可能性は低いと考えられます。
健康な肌にはニキビの元になるニキビ菌などの菌の増殖を防ぐような免疫力がきちんとあります。

ニキビやニキビ跡ができる原因として身体の内側にある理由が肌に負担をかける場合もありますし、よく脂性のものが毛穴を詰まらせるという考えから、過剰に脂性のものを避けたりして間違ったスキンケアを行っていくと肌のバランスを崩すことになり、肌本来の力が発揮出来なくなります。

肌本来の力が発揮出来なくなると自浄作用がうまく働かなくなり肌トラブルの元になるニキビ菌や緑膿菌が増殖してしまうのです。

ですから肌トラブルを解決させるためにはスキンケアを正しく行い、肌状態を整えていくことが解決への近道になるかもしれません。またスキンケアだけだと解決できなくても、合わせて専門の治療などもするとより効果的だと思います。

ニキビやニキビ跡などの肌トラブルは身体の内側が原因となり肌の力を低下させてしまうことで起こる場合が多いです。

さらに肌トラブルを起こしたまま放っておくと悪化してしまう可能性もあり、そうなるとニキビは痕が残ってしまったりする可能性もあるのです。

ニキビや、ニキビ跡、乾燥肌のような肌トラブルを改善させるためにも身体の内側の原因を見つけて改善していくようにすることが大切となります。
posted by ニキビ跡のケア at 17:00 | ニキビ跡の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「治したい!」という気持ちが大切です。

ニキビ跡を治したい!って、思いますよね。
ニキビ跡ができてしまったら、どうにかニキビ跡を治したい!きれいな肌になりたい!と願うのは肌トラブルで悩んでいる人にとっては切なる願いではないかと思います。

しかし、出来てしまったニキビ跡は自然には治ることがなく、何らかの治療やケアをしなければ改善には向かいません。

ニキビ跡には凸凹状になってしまうクレーターのような感じか、赤みやシミのような色素沈着したような感じかに分かれると思います。自分が抱えているニキビ跡がどういった状態かによって治療法も変わってきますので、自分がどういう感じの状態なのかを知る必要があります。

また、治療する前に今のニキビの状態は進行中なのかどうかも判断しなければなりません。今の時点でニキビがまだ出来ているのであれば、ピーリングなどの表面をいくら治療してもまた後から出てきてしまうので無意味だと言うことになってしまいます。
このように進行中のニキビがある場合にはまずニキビの治療をしてからニキビ跡の治療をすることがいいと思います。

まあすべてがこれに当てはまる訳ではありませんが、通常は当てはまるのでよく診てもらってから治療を開始した方がいいと思います。

ニキビ跡と言うのは皮膚が変形してしまっているので基本的には放っておいても治ることはありません。
ですから適切な治療をするようにして肌状態を改善させきれいな状態に持っていくようにしましょう。
ニキビ跡を治したいという気持ちが大切です。
あきらめなければきっときれいな肌が戻ってくると思いますよ。
posted by ニキビ跡のケア at 11:00 | ニキビ跡の予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。